ゆとり技術者と建築家で建てる都市型住宅

ゆとり技術者が大阪市内の防火地域で家を建てるまでの奮闘記

TVの大きさと視聴距離の話

先日、実家のTVが壊れました。

 

2006年式のシャープAQUOSの32v型です。

当時は地デジへの移行や2008年の北京五輪でTV界隈はすごく賑わっていた記憶があります。

27型のブラウン管TVからの交換だったので、興奮しましたね。

 

 

買い換えたのは2019年式のパナソニックVIERAの49v型です。

さすがに比較するのもおこがましいほど綺麗ですね。

我が家のTVは2016年式のソニーBRAVIAの43v型ですが、比べると画質もですが反応の速さが段違いです。


父は野球好きで阪神戦と巨人戦を並行して見るので2画面表示できるのは良いですね。

ソニーは全機種視聴用チューナー×1、録画用チューナー×1なので高級機を買ってもできないです。

次は我が家もパナソニックかなぁと思いました。

 

 

ここで気になったのが視聴距離です。

 

フルHDTVが出始めた頃から視聴距離はテレビの高さの3倍と言われました。

ところが4KTVが出ると高さの1.5倍と言う様になりました。

f:id:YutoriPaPa:20190608090232p:plain

この距離は視力1.0の人が画像の粗を認識できない距離から算出されています。

なのでこの距離は圧迫感や視野などは一切考慮されておらず、実際に高さの1.5倍の距離で見るとかなりの圧迫感を感じると思います。

 

おまけに4KTVは4K画質にアップコンバートできるとはいえ、さすがに本物の4K映像と比べると画質は落ちます。

地デジ放送やほとんどのBSデジタル放送フルHDの3/4倍の解像度であるHD画質で放送されているので、粗は相当感じるはずです。

(※4K・8K放送開始のためNHK BSプレミアムWOWOW、日本BS放送以外はダウングレードされました)

なので視力が1.0以下の方や4K放送やUltra HD Blu-rayをもっぱら見るという方でない限り、1.5倍の距離だと粗を認識できてしまいます。

 

 

映画に関わる音響技術・評価サービスを提供するTHX社では視聴距離とサイズについて、フルHD画質の場合、画面の横幅が視野角(水平)の26~40°以内となるよう推奨しています。

高さの3倍の距離だと視野角は33°、1.5倍だと61°になります。

映画館の中央席は45°、最前席で60°ぐらいらしいので1.5倍の距離はかなり近いですね。

おまけに映画はシネスコ(1:2.35)と呼ばれる横長の映像なので、同じ視野角(水平)60°でも縦長のTV(16:9)ではより大きな映像となります。

映画館の最前列でも疲れるぐらい大きいのに、より汚い地デジ放送をもっと大きな画面で見ると言うのは苦痛以外の何ものでもないでしょう。

 

 

実家は父の定席からTVまで1.7mで画面サイズは49v型(画面幅108.3cm)ですので、視野角35°とTHX社の推奨の中央値ぐらいです。

視聴した感じも大きすぎず小さすぎずで、もう少し大きくても良いかなって感じです。

THX社の推奨はフルHD画質で40°以内なので、次の家では少し大きめの45°(高さの2倍の距離)を狙いたいです。

今の計画ではダイニングにもTVを置くので、リビング側は映画用途として大きめに設定しています。

 

 

しかし、今の計画ではソファーからTVまで2.7mあります。

視聴距離2.7mで45°の視野角となると横幅224cmつまり101v型となり、普通に売られていない大きさになります。

 

しかも、国産の液晶TVで絞ると70v型超のサイズを作っているのはソニーとシャープだけです。

パナソニックは65v型が最大で、これ以上大きなサイズは販売する気がない様な記事も見ました。

それもそのはずでパナソニックは国内では一定のシェアがあるものの、世界では全く売れていません。

特に70v型以上となると、比較的大きい家が建てられて人口も多い北米で売る必要がありますが、米国のConsumer ReportsのBuying Guide 2019を見ても60v型以上はLGとソニーが上位にいて次にサムソン、他は皆無です。

f:id:YutoriPaPa:20190404130013j:plain

 

仮に次の家に65v型を置くと視野角は29.8°となりTHX社の推奨内ではあるものの、私としては小さすぎることになり、45°にしようとすると1.7mまで近付かなければなりません。

f:id:YutoriPaPa:20190608100110p:plain


視聴距離を1.7mにしてパナ製65v型にするか、ソニーかシャープ製の70v型以上にして少し近付くかですが、お金のことを考えると65v型ですね。

この際、40°でも良いかなぁ。

 

もう少し悩んでみます。

 

実は100インチのスクリーンを置くことも考えましたが、プロジェクターは結局使わないだろうし、インテリアの邪魔になるし、お金もかかるので辞めました。

立ち上がりが遅いのは致命的ですね。

 

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

現在の状況 2019年 5月

今月の打ち合わせは1回だけでした。


大幅な予算オーバーになりそうだたのでRC造+木造の混構造から木造に戻して頂きました。

図面はほぼ完成しているので、来月の頭には見積り依頼することになります。

 

木造になったことで混構造のときには無かった柱が出てきました。

f:id:YutoriPaPa:20190531094225p:plain

狭くなるのはアプローチの短い距離だし、内寸で90cm弱はあるのでOKとしました。

ちなみにアプローチはスロープとしました。

勾配は公共の施設と同等の1/12(約5度)です。

 

玄関が奥まったことで、表の道から玄関付近が見えづらく不審者が入りやすくなったので門扉を付けました。

鍵付きのロートアイアンの門扉にする予定です。

※写真はイメージです。 

 

 

そして、解体の騒音と振動で北側のお隣さんから苦情が入り対応しました。

後から聞いた話ですが、解体現場の斜め裏の方からは「今回の解体はとても静かで助かった」と言われたそうです。

隣のマンションを建てる前の解体工事はもっと酷かった様です。

その頃はまだ北側のお隣さんは住んでいなかったので、感じ方は人それぞれなのでしょう。

 

 


更に北側のお隣さんとは境界の位置についても揉めました。

こちらは解決どころか、話が別の方向に動き大きくなっています。

詳細は落ち着いた頃にまとめてアップする予定です。

  

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

防火窓のラインナップが増えそう

我が家は今年6月末までに改正される建築基準法の影響をもろに受けるので、ちょくちょく国土交通省のHPを見ています。

 

そこで気になったのが3月末に発表された 

防火窓の木製や樹脂製サッシについての一般仕様を告示化

です。

 

今までの防火窓はメーカーが試験を行って、国の定める基準をクリアしたものを認可してもらってたんです。

告示化って言うのは、この仕様でつくれば防火窓って認めるよっていう仕様を国が決めたってことです。

f:id:YutoriPaPa:20190523155221p:plain

 

国が絡む審査ってお金も時間もかかるんでメーカーとしては嫌なんですね。

なので防火窓ってめちゃくちゃ種類が少ないんです。

 

防火地域の我が家も防火窓にする必要があるんですけど、気に入るサイズが無かったり、網入りしかなかったりで、大きい窓は全部防火シャッター付きで計画しています。

国が仕様を決めてくれれば、仕様に合わせて設計するだけなんでメーカーは楽なんです。

 

今回の告示化によって、アルミ樹脂サッシの網なしガラス(耐熱結晶化ガラス)や樹脂サッシの網入りガラスの仕様が追加されたので、これらの商品が今後続々増えると思います。

 

今回はFIX窓のみが対象ですが、すべり出し窓や引き違い窓も検討中ということなので、5年もしたら「防火窓=網入りガラス」の常識は無くなってるかもしれませんね。

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

地盤調査結果

地盤調査の結果が出ました。

 

木造に切り替えたのでスウェーデン式サウンディング試験です。

まぁはじめから分かっていましたが緩々です。

 

測定場所は4隅と真ん中の計5箇所。

 

我が家は盛土地なので、地震は揺れやすいし、液状化のリスクも高いという地盤としては最弱の地域ですね。

大阪市内は上町台地以外は全部弱いんでしゃーないです。

f:id:YutoriPaPa:20190523113614j:plain

 

ちなみに祖母の土地が空くまでは長居を考えていました。

JRと地下鉄御堂筋線がある上に巨大な公園もあるのが魅力ですね。

けど上町台地の下にはSランク活断層の上町断層があるので、どっちもどっちなんですよね。

 


我が家の土地は換算N値で言うと深さ10mまでずっと辺りをウロウロしています。

まさに地を這うような結果です。

海抜ゼロメートル地帯なんで地下水位も2mと高いです。

 

f:id:YutoriPaPa:20190523120021p:plain

 

報告書には10m以深はましな地盤があるって書いてるんですが、10m以降を調査したデータが無いんですけどなんで分かるんですかね?

一応真ん中のポイントだけ11mまでやってますけど、素人目には10mまでと変わらないんですよね。

 

信用してないわけじゃないですけど、横浜のマンションで基礎杭が支持地盤まで届いてなくて傾いた事件を思い出しました。

あれイヒ!の子会社がやらかしたんですね。

最近イヒ!見ないなぁ。

 


何はともあれ、こんな場所に家を建てるんだから地盤改良が必須になります。

今回は柱状改良工法による地盤改良をするそうです。

 

まぁこれも予定通りです。

調査結果をもとに再見積りしてくれるそうですけど、

たぶん200万円

 

古い家は地盤改良なんてしてないけど、大丈夫なんですかね?

解体した祖母の家も阪神大震災は耐えてるわけだし、なんとかなるもんな気がします。

そもそも超巨大地震とやらが直撃して家が崩壊する確率と、それまでに我々が生きている確率ってどっちが高いんですかね。

結局のところ気やすめなんじゃないのかなぁ。

 

不安商法ってやつ?

情報化社会の弊害ですな。

知らなきゃみんな平和に生きられるのに。

 

 

それでもお金を出しちゃう私は立派な現代人です。

 

テンション低めなゆとりパパでした。

 

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

地盤改良の見積りが出ました

運命を分ける地盤改良の見積りが出ました。

この見積り次第でRC造+木造の混構造にするか木造にするかが決まります。

 

早速ですが、混構造の場合は

地盤改良費+地盤調査費(ボーリング試験)
=334万円+48万円
382万円
の見積り結果でした。

 

500万円を超えるとか1000万円もあると脅されていたので、拍子抜けでした。

が、地盤調査後の一軸圧縮試験結果次第では100万円単位での増額もあり得ると脅されました。

 

しかしながら、私の予想は改良費300万円+調査費50万円だったので、そんなには外れていませんでした。

なので、混構造でも予算内(税込6600万円)でいけると思いきや、建築士さんは税込7850万円の予想とのお返事。しかも家具家電代抜きで。

 

 

いやいやいやいや

 

 

じゃあなんで見積りとったん?

 

地盤改良が0円だとしても7500万円超なんだから、予算を大幅に超えるん分かるよね?

見積りとる前から無理って分かっとるやん。

無駄な図面書いて、無駄な見積りとって、無駄な打ち合わせして何がしたいんやと。

家具家電代300万円で予算6600万円って言うとるんやから、無理なら無理ってさっさと教えてくれよ。

 


ちなみに耐火木造だと

地盤改良費+地盤調査費(サウンディング試験)
=195万円+3万円
198万円

木造と考えるとめっちゃ高いです。

 

そしてこっちは家具家電代抜きで税込6750万円の予想とのこと。

 

 

まてまてまてまて

 

 

木造時の予算は税込5800万円やぞ。

混構造か木造かを検討する以前に、どこ削るかの話をしなあかんかったんちゃうんか?

 

まぁ建築士さんの予想は当てにならないので、とりあえず耐火木造で工務店へ見積りを出すよう依頼しました。

混構造は夢のまま終わることになりました。

それにしても1250万円も下げられるもんなんかねぇ。

 

 

というか、今思うと一番最初のプレゼン時のプランが地盤改良費抜きで7000万円超でした。

予算5800万円で地盤めっちゃ弱いって伝えてるのに。

そんときは大きい家やからスケールメリットで1000万円ぐらいは下がるって言ってたけど、どうなんやろね。

建築士さんの見積りはあてにならないんで期待せんときます。

 

そもそも誤差1000万円を見越して設計するって、概算する意味あんのかな?

私も設計者なので費用計算しながら設計しますけど15%も誤差でることなんてないですよ。

15%もずれたら採算とれんよね。

 

 

はぁ~

 

これで見積り出てくんのに3週間はかかるやろから、今月は終わりですね。

言うてるまに6月ですね。

最後の頼りの建築基準法の一部を改正する法律の施行、期待してますよ!

 

ほぼ愚痴でした!

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

隣家との境界紛争勃発

少し前にお隣さんとひと悶着あったことを書きました。

もうひと悶着あったので書きます。

 


我が家の建設予定地である父の土地には北側隣家との境界標がありません。

f:id:YutoriPaPa:20190513171333j:plain

 

しかし、我が家の土地は整形地で高低差もないし、古いとはいえ大阪市のHPに換地確定図があるので、揉めることはないと思っていました。

 

この換地確定図によると、我が家の土地の間口は4.3間(7.79m)なので南側境界標から隣家の外壁までの測量結果とほぼ一致します。

隣家の土地の間口は2.15間(3.90m)となっており、隣家の両外壁端をメジャーで測った数値とほぼ一致します。

なので隣家の外壁までを我が家の土地として計画を進めていました。

 


先日、念のために父が測量図と換地確定図を持ってお隣さんに土地について確認したところ、猛反論されました。

お隣さんは隣家の外壁から20cmまでは自分の土地だと主張しました。

20cmと言うと解体前の祖母の家の外壁部に当たるので、要は元々あった隙間は全てお隣さんのものだと言うのです。

 

その証拠として出してきたのが登記に使用したと言う図面です。

新築時に工務店が作成したそうで、そこには土地の間口12.9尺(3.91m)、建物の間口12尺(3.64m)と書かれており、土地と建物に27cmの隙間があるはずだとお隣さんは主張します。

隣家の北側には正面から見ると隙間は無いものの、2mほど入れば6cm程度の隙間があるらしく、南側の父の土地とは残りの20cm程度の隙間があるはずだとのこと。

 

しかし、お隣さんの主張はメジャーで測っても、測量図とも換地確定図とも一致しません。

ボケ始まってるんじゃないかと思うほどの支離滅裂さ。

 

勘の良い方はお気づきでしょう。

この建物の間口12尺(3.64m)は恐らく柱間の値です。

隙間と主張する27cmは柱+外壁2枚分の厚みだと思われます。

f:id:YutoriPaPa:20190513173904p:plain

 

このことを指摘すると、ばつが悪くなったのか何かと権利権利と言って今度は我々に要求をしてきました。

 

なんと、我が家の方で人が通れるように40cmの隙間を設けろと言うのです。

我々は現在20cmの隙間で計画中です。

民法では50cmとなっていますが、異なる慣習があるときはその慣習に従うとなっています。

大阪市のど真ん中にある我が家の周囲に50cm(双方で1m)も空けている家など一切ありません。

しかも我が家は耐火建築物なので、民法より優先される建築基準法により隙間0cmも認められています。

そもそも、隣家は0cmなのに何故我々だけ空けなければならないのか、冗談も甚だしいです。

 

なんでも、近々建て替える予定と言っていた隣家ですが、建て替えは費用的に厳しくフルリフォームにする予定だそうです。

リフォームだと柱は動かせないし、人が通れないとリフォームできないと言うのです。

我々に一切関係ない上に、我が家の敷地を借りる前提で話をしているのが非常に腹立たしいですね。

 

しかも、人が通れる隙間を設けないとそちら(我が家)も外壁のメンテができなくて困りますよとも言ってきました。

 

はっきり言っていらんお世話です。

 

我が家はそのために高耐久のサイディングボードをシーリングレスで施工する計画です。おまけに北側なので直射日光も当たらないしメンテの心配はしていません。

隣家の外壁もない合板むき出しの家と一緒にしないでもらいたいですね。

 

建築士さん曰く、以前は祖母の家が隣家の外壁の役割を担っていましたが更地となった今、このままにしておくと壁も柱も腐ると言っていました。

3年ぐらいこのまま放置して朽ちさせたろかと思っちゃいますね。

 


我々が土地を貸さなければ外壁も貼れないような家をリフォームって本気で言ってるんですかね?

柱が腐っていたら新築以上の費用がかかることもあるのに、無知って怖いです。

もちろん外壁を貼ることは認めませんよ。

外壁の厚み分が我が家の敷地に入ってくるってことですし、柱が腐ってるかもしれない家がずっと隣にあるのも嫌なのでね。

 


我が家のエリアは防火地域なので、新築にすると小さい家でも準耐火建築物にしなければなりません。

リフォームにすることでこれを回避するつもりなのでしょう。

リフォームが気楽で安いみたいなTV番組を放送するから勘違いするんでしょうね。

築20年の実家の水まわり+床暖房リフォームだけでも1000万円かかったのに、築50年超の家をフルリフォームって見積りとってから言ってるんだろうか。

 


まぁ理由は何であれ、ごねる相手にはプロに任せるのが一番でしょう。

お金はかかるものの測量して頂いた測量登記事務所にお願いすることにしました。

今回は大阪市の発行する換地確定図が最も強いので、お隣さんに理解してもらうだけで大きな争いにはならないでしょうとのことでした。

この醜い争いを後世に残さないよう境界標をしっかり打ってもらう予定です。

 


と思っていたら、

お隣の同居している息子さんから私の父に電話があったみたいです。

なるべく大ごとにしたくないから関係者集まってお話したいとのこと。

 

そりゃそうだ。

揉めて損をするのはそっちなのだから。

 

けど、お断り。

f:id:YutoriPaPa:20190513172630j:plain

 

父には私と日程が調整できたら連絡すると伝えてもらいました。

こういう輩は後から問題をぶり返すこともあるので、プロに入ってもらって問題の芽を摘み取ることが大事。

測量登記事務所の方と進め方、費用の話をしてから交渉に挑みたいと思います。

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

姉の家

GWでしたので、姉の家に行ってきました。

 

姉の家は大阪でも田舎の方にあります。

7年ほど前に建てた一条工務店のi-smartです。

 

一条工務店の家は快適そのものですね。

季節的に断熱の恩恵はないですが、空気が綺麗で息がしやすいです。

まぁ田舎の高台ってこともあるんですが。

 

ただ、壁紙が黄ばんでいたり削れていたりしました。

まぁ子どもが3人もいるんで仕方ないのかなと思っていたのですが、どうやら欠陥品だったらしいです。

 

好きなタイミングで無償で全部貼り換えてくれるらしく、子どもが落ち着く2年後ぐらいにお願いするそうです。築10年近くになっても無償対応してくれるとはHMの力を垣間見ました。

 

建築事務所案件の我々はどこまでやってくれるんだろうか。

少し不安です。

 

 

話は戻って姉の家、以前なかった設備が導入されていました。

 

ホームシアターです。

 

新築時から準備はされていましたが、ついに導入されていました。

姉の家は2階の階段ホールが6畳ぐらいあって、シアターになっています。

 

金曜日の夜はだいたい映画を見ているそうで、長女(4歳)と次男(2歳)は勝手に寝ていてくれるので非常に楽だと言っていました。

あと長男(11歳)が友達を連れてゲームに使うみたいです。

リビングに居座られるよりよっぽど良いですね。

ただ2階にあるので気軽には使えないとも言っていました。

 

 

ホームシアターは我が家にもぜひ導入したいところですが、プロジェクターの存在感が凄くてリビングにマッチしないんだよなぁ。

 

3階のホールなら良いんだけど、使わなくなるのが目に見えるし、80インチで良いならTVの方が導入コストは安い気もします。

子どもだけで使うなら超単焦点プロジェクターで壁に投影するだけで充分満足するだろうしなぁ。

 

もう少し考えてみます。

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)