ゆとり技術者と建築家で建てる都市型住宅

ゆとり技術者が大阪市内の防火地域で家を建てるまでの奮闘記

現在の状況 2019年 8月

今月は1回打ち合わせをしました。

前回の打ち合わせがGW前だったので4ヶ月弱ぶりです。

 

議題は

① 図面の修正部確認

② クッションフロアの検討

オール電化の検討

になる予定です。

 

① 図面の修正

やっぱりアプローチの柱が気になったので、ずらしてもらいました。

f:id:YutoriPaPa:20190830124731p:plain


これで通路幅は狭い所でも1.1m弱、他1.4m弱となり、2人が並んでも問題ない幅になりました。

ただ柱の南側はタイルを貼るスペースがなさそうです。

見えないから良しとするか。

 

② 東リのクッションフロア

床材は2階LDKと1階寝室が無垢フローリング、玄関とトイレがタイル、ランドリーがサイザル麻、3階がカーペットタイルの予定でした。

しかし、普段過ごす2階にあるトイレの床がタイルだと、硬さと冷たさが嫌にならないかと不安になりました。

それにキッチンも油汚れや水濡れを考えると無垢フローリングはどうなのかと。

なので2階トイレとキッチン、キッチンから繋がるランドリーの床にクッションフロアを検討してみます。

f:id:YutoriPaPa:20190828132437p:plain

無垢フローリングもタイルもサイザル麻も高額なので、減額になるはずですしね。

 

オール電化

以前にも書きましたが、我が家はIHコンロ+ガスコンロの二刀流を考えています。

 

なのでオール電化といってもオール電化+ガスコンロの検討になります。

要するにエコキュート+IHコンロ+LPガスコンロです。

LPガスは定期契約せず、5kg容器を持ち込んで都度補充してもらいます。

 

というのもガスコンロはそんなに使わないと思うんですよね。

週1回か月2回かってレベルだと思います。

そのために配管工事して、毎月基本料金払うのは無駄なことに気付きました。

 

私が希望する10,000kcalクラスの業務用コンロの場合、LPガスだとフル火力で1時間につき0.85kg消費します。

つまり5kgで6時間弱です。

1回5分としたら70回で週1回使用とすると1年半、隔週で3年間も使えます。

1回の補充は2500円程度らしいので月額換算で70~140円と格安です。

それにLPガスがあれば、電気・ガスのインフラが止まっても料理できますしね。

都市ガス供給エリアなのにLPガスを使う家を計画している人は滅多にいないでしょう。

 

問題はエコキュートの貯湯ユニットをどこにおくかという問題です。

今の計画では外壁後退距離は広いところでも45cm程度で、貯湯ユニットはスリム型でも45cm弱なので置けないです。

家を小さくするかガレージの中かになりそうです。

 

※検討していたオザキ株式会社製のコンロですが、今月頭に倒産してしまったので変更になります。
代替品は株式会社マルゼン製のものを考えています。

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

お風呂の窓が無くなります

当初の計画では浴槽横に横長の窓を付ける予定でした。

お風呂は2階にするので、隣の1階建ての町工場越しに公園の木々が見えると素敵だなと思ったんです。

公園には桜の木が植えてあるので、春は綺麗なんですよね。

 

けど、測量後の図面を見て気付いちゃいました。

f:id:YutoriPaPa:20190808175624p:plain


 お風呂の場所は2階建て民家の横でした。

 

f:id:YutoriPaPa:20190808171545p:plain


ってことで窓は廃止です。

まぁよくよく考えると、夜の公園は暗いのでお風呂どきは真っ暗で緑なんて見えないんですよね。

断熱性と気密性を考えるとこれで良いんです。

 

でも、浴室に窓が無いと圧迫感を感じないかが気になります。

ってことでドアを透明ガラスにすることにしました。

本当はドアの横をFIX窓にしたかったけど、1620サイズだと長手方向のドア横FIX窓はパナソニックのLクラスしか設定がありませんでした。

f:id:YutoriPaPa:20190808173809p:plain

 

フリー窓枠を使って窓を設置しようとも思いましたが、一般的なサッシは結露で発生した水を外に排出できるようになっているそうです。

f:id:YutoriPaPa:20190808174247p:plain


なので、これをそのまま使うとお風呂内で結露した水が脱衣所に排出されて、びしょ濡れになります。

Lクラスは色々気に入らなかったので泣く泣く諦めることになりました。

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

現在の状況 2019年 7月

今月の打ち合わせも0回でした。

 

今月はもともと依頼していた工務店と建築工事請負契約を解消したことを書きました。

けれでも、すぐに代わりの工務店が見つかったので、事なきを得られそうです。

新しい工務店とは来月の頭に面談する予定となっています。

ただ、契約を解消したことにより消費税10%が確定的になりました。

ローン減税の延長やエコポイントの対象にはなりますが、少し損すると思います。

 

なので最近私は図面を見直しています。

着工は1年後となりますが、この1年間を寝て過ごすわけにはいきません。

建築士さんには計画通り8月末ぐらいには詳細見積りが出せる様にお願いしているので、11ヶ月かけて減額調整したいと思います。

せめて消費税分+家賃1年分の200万円は下げたいですね。

 

今注目しているのはお風呂と床材です。

また動きがありましたら記事にします。

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

救世主現る

前回、工事請負契約を解消したと書きました。

建築士さんからも別の場所を薦められました。

受けてくれる工務店もないと言われました。

 

けど、別の場所は金銭的に大ダメージを受けるし、なにより余所者のお隣によって私が産まれ育ち代々と受け継いできた土地を手放すのはどうしても我慢できません。

なんのために転職までして大阪に帰ってきたのかって話です。

我々の熱い気持ちを建築士さんに伝えると、ダメもとで工務店さんを探してくれました。

 

 

そして、次の日二つ返事で受けてくれる工務店が見つかりました。

なんでもご近所トラブルは慣れてるし、過去には今流行の反社事務所の隣で工事をしたこともあるそう。

そのときは昼間に工事するなと脅されたそうですが、完全に無視したそうです。

お隣への対応も我々が望む形でやってくれれば良いということでした。

 

まさに

捨てる神あれば拾う神あり

 

建築士さんの知り合いの建築士さんがよく仕事を依頼する工務店さんで、見積りは何度かとったことがあるそうです。

難易度の高い案件も数多くこなしており、我々の耐火木造3階建ての高気密住宅も問題なく施工できるだろうとのことでした。

 

 

私も早速紹介された工務店さんの施工事例を見ました。

どれも素敵なお宅なのですが、見覚えのあるお宅が一軒ありました。

 

MBS毎日放送住人十色で紹介されたお宅です。

 

 

関西ローカル局の放送なので知らない人も多いかと思いますが、関西では10年以上続く長寿番組で、素敵で特徴的なお宅を紹介する番組です。

 

最近はリノベやDIY系のお宅紹介が多いのですが、このお宅は建築士自身が施主の新築戸建な上に超独創的だったので良く覚えていました。

しかもファサード(家の正面)の特徴的な窓配置が我々の計画と一緒でした。

 

外観はコンクリと木が融和された素材感のあるクールなお宅でしたが、構造はなんとRC造+鉄骨造+木造の混構造です。

設計する方もする方ですが、建てる方も建てる方です。

 

来週、早速会って来ようと思います。

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

建築工事請負契約の解消

お久しぶりです。

 

お隣との紛争は落ち着くどころか、脱線し、

建築工事請負契約解消

という形で不時着しました。

 

我々はお隣と合意書による解決を図りましたが、

工務店側は弁護士によるお隣の排除を第一に考えていたため、

折り合いがつかず、工務店から解除通知が出されました。

我々はまだ正式に承諾していませんが、解消は避けられないでしょう。

 

 

我々は次の工務店を探さなければいけないのですが、

そんなに簡単な話じゃありません。

 

というのも、次の工務店にはお隣との紛争の経緯や、工務店との契約を解消したことを説明する必要があります。

合意書によりお隣と問題を解決していても、お隣が工事の妨害をする可能性は0ではありません。

なので経緯をきちんと説明し、工務店にもリスクを承知して頂かないと、妨害されたときに我々と監理者が訴えられる可能性があります。

 

問題はリスクを承知で受けてくれる工務店があるかという点です。

見えないリスクは防ぎようがないですが、見えるリスクは避けるのが普通でしょう。

 

 

更に監理請負契約を結ぶ今の建築士さんも、リスクが高いとして契約解除しそうです。

解除となると今の建築士さんは設計のみを行うことになり、我々は監理してくれる建築士を新たに探さなければなりません。

こちらもリスク覚悟で受けてくれる人が見つかるかが問題です。

しかも設計者と監理者が違うと、設計者の意図が完全には伝わらず、家の質が下がる可能性もあります。

 

 

施主と工務店で揉めるケースがあるのは知っていましたが、

まさか自分がこうなるとは思いもしませんでした。

 


建築士さんには今の土地を売って、違う場所で建てることを薦められました。

しかし、大阪市のど真ん中で我々が納得できる土地を探すのは容易ではありません。

 

不動産屋に確認すると我が家の土地は坪170~200万円ほどの市場価値があり、売ると5000~6000万円ほどの金額になるそうです。

我々庶民には検討すら不可能な高額な土地で、曽祖父には感謝です。

まさにバブル期並なんですが、逆に言うと同じレベルの土地を買おうとすると、同じだけ払わなければならないということです。

30坪以上となると市場に出ることも稀で、15年ほど前に同じ町に越してきた妻の両親も3年待ってやっと買えたそうです。

 

しかもこの土地は70年前に30万円で買っているため、差額の20%の1000万円ほどの税金が発生するそうです。

住み替えであれば、この税金は不要なのですが、既に更地になっているため住民票が移せず、遊休地扱いとなってしまうそうです。

 

更にこの土地は父の土地です。

新築時の親からの贈与は3000万円までが非課税なので、超過分は贈与税もかかります。

 

結局住み替えは大幅な損失になるんです。

当初の計画を進めるべく、色々あがいてみます。

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

お金の話 2019年度の見込み収支

2019年も半分を終えました。

ここらで今年の見込み収支を書こうと思います。

 

まずはじめに今年の目標は総収入の45%にあたる460万円でした。

これは2018年度の支出額から設計着手金の100万円を除いて算出したものでした。

 

しかし、目標は未達のまま終わりそうです。

原因は

・妻が扶養を外れたことにより、税・社会保障費が増えるのを計算していなかった。
・妻の勤務先の都合で、妻の労働時間を思っていたより増やせなかった。
・子どもの体調不良、検査等で、妻が休む分の収入減を計算していなかった。
・子どもの食費、おむつ代の増額を計算していなかった。


ということで2019年は総収入923万円、総支出600万円で貯金は35%323万円ぐらいになりそうです。

目標と比べると総収入が100万円減、総支出が40万円増で貯金が140万円減って感じです。

 


家の竣工を1年遅らせるので、頭金をなんとか30%分貯めたいです。

 

実は今年の6月からアルヒのスーパーフラットに7Sが追加されました。

頭金を30%用意すれば、金利が0.15%下がる商品になります。

もともとは8Sを使って0.1%の優遇を受けるつもりでしたが、どうせ1年延期するなら7Sにしたいです。

4000万円の35年ローンの場合、金利0.05%は38万円の差になります。

 

工事請負契約はかなり多めの6550万円で契約しているので、1965万円貯められれば7Sが利用できます。

現在1755万円分の貯金+金融資産があるので、2020年の5月末までに残り210万円。

と思いましたが、耐火木造に決定したので6000万円もあれば十分なので、借入金を減らして余裕でクリアできそうです。

 

2人暮らしを始めた2015年以降の収支はこんな感じです。

f:id:YutoriPaPa:20190708161914p:plain


前回より詳細に色分けしてみました。

私の給与が上がったり、下がったりしていますが、基本的には上がっています。

2016年はなかなかの忙しさで年間700時間近く残業したので給与が多かった記憶があります。

2017年は転職で残業をほとんどしなかったのと、ボーナスが満額じゃなかったので少ないです。

 

 

最後に2019年見込みの支出詳細を貼っときます。

f:id:YutoriPaPa:20190709092759p:plain

※日用品からおこづかいを分けました。(7/9)

 


食費が月10万円を超えそうです。

子どもが大きくなったら、いよいよやばいです。

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)

現在の状況 2019年 6月

今月の打ち合わせは0回でした。

 

私のブログのペースが遅くなっているのも仕方ないですね。

実は設計が一切進んでないんです(笑)

 

理由は散々書いていますが建築基準法の改訂です。

これは6月25日に公布されました。


なので、これで進められる。


ってわけでもないんですね。

現段階では詳細がイマイチ分からないんで待機です。

 

あと、絶賛お隣との揉め事も継続しています。

こっちはそろそろ終わりそうです。

 

設計止まっちゃってて大丈夫?って心配している方がいるかしれませんが、実は竣工を1年遅らせようかなと思っています。

 

消費税8%と子どもの保育園の関係で2020年3月までの竣工としていたのですが、

既に工事請負契約を結んでいるので消費税8%で建てられるし、保活もそこまで大変な場所でもないんで2021年でも良いかなと。

 

ただフラット35が団信込みで1.0%を切りそうな異常な低金利は惜しいです。

2021年まで続いてくれればうれしいですけど、先のことは分かりません。

 

それに、1年遅らせれば東京五輪の影響もないし、家電も1年新しい物になるし、子どもらももう少し聞き分けのきく年齢(4歳)になるし、頭金も増やせるのでマイナスなことばかりじゃないんです。

 

ということで、まったりやっていますということでした。

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。

ランキングに参加しているので、ポチっとして頂けると幸いです。
にほんブログ村
にほんブログ村 一戸建 建築設計事務所(施主)