ゆとり技術者と建築家で建てる都市型住宅

Atrium House

ゆとり技術者と建築家で建てる都市型住宅

住宅-予算・ローン

減額調整2回目【302万円減】

今回も内訳を詳細に書き出しました。 減額調整に頭を悩ませている方の力になれればと思います。 金額は全て消費税込みです。 これまでの経緯 高額な見積りを受けて、構造から再設計することで1275万円の減額になりました。 (再設計費:+70万円、仕様アップ…

我が家のお値段が決定【2300万円減】

やっとFIXしました。 では早速。 我が家の住宅価格 5720万円でした。 家具・家電や諸費用を足すと、6000万円強で予定通りって感じです。 内訳 建築費:4773万円 設計・監理費:517万円 消費税:529万円 値引き:-87万円 遅延損害金:-12万円 土地抜きのいわ…

一石二鳥な外壁出隅の話【20万円減】

我が家の外壁は普通の窯業サイディング。 気になる人は気になる出隅の問題ですが、工夫して見た目とコストを両立してみました。 一般的な出隅 多いのがコレ。 コーナー役物を使うやつです。 同質同色なので一体感はあります。 が、コーキングが2箇所必要な…

我が家の特殊性について

いよいよ竣工が1ヶ月後となります。 我が家は少し変わった家になったので、そこに至るまでの過程をまとめておきます。 敷地について 大阪市の都市部にある30坪の成形地です。 父の所有物なのでタダ。 買うと6000万円以上するみたいです。 大阪2大繁華街で…

第1種換気辞めました【45万円減】

減額調整の餌食となりました。 計画 第1種換気にする予定でした。 それもメンテし易いダクトレス式のやつ。 熱交換率80%で外気を温めてから吸気するので、冷気が入ってきません。 ※日本スティーベル お値段税込み45万円。 代替案 一般的な第3種換気です。 …

現在の状況 2020年 7月

今月の打ち合わせは1回でした。 26回目の打ち合わせになります。 1回4時間ぐらいなので計100時間は話していることになります。 確認申請 指定確認検査機関にて確認申請中です。 なんとか数日後には許可が下り、8月頭の着工になりそうです。 法的に…

1年ぶりの浴室打ち合わせ~TOTOサザナ~

計画が一新したので、浴室もやり直しです。 前の計画 前の計画では1620(1.25坪)サイズでした。 今回1616(1坪)サイズに減築しました。 なんせ延床面積100㎡(30.2坪)未満の制限があるので。 新型コロナの影響 理由は後述しますが、浴室はTOTOのシステム…

減額調整1回目【310万円減】

気分を変えてアイコン変えました。 今1番欲しい熱帯魚「ベタ」です。 前の「減塩ラーメン」に意味は全くありません。 大幅なプラン変更によって1600万円下がって、仕様を255万円上げました。 そこから310万円減額して契約しました。 減額調整は知りたい方も…

ローンの検討と仮審査

以前、フラット35Sを使う予定と書きました。 状況が一変しましたので計画を練り直しました。 フラット35を使う予定だった理由 前の計画では借入金が6000万円程と高く、 金利変動のリスクを避けるため35年固定にする予定でした。 そして低炭素住宅にすること…

2度目の工事請負契約締結

いやー早いもんですね。 前の工務店さんとの請負契約解消から、もうすぐ1年になるんですね。 あのときはどうなるもんかと思いましたが、すぐに別の工務店さんが見つかったんですよね。 このことがきっかけで建築士さんも今まで通り面倒を見てくれることにな…

謎だった網なし防火窓の価格が判明

我が家は防火地域なので延焼ライン内の窓は防火窓にするか、防火シャッターを付ける必要があります。 防火窓について 一般的な防火窓は網が入ったガラスで、見栄えがよくありません。 しかし、YKK APから耐熱強化ガラスを使った網なしの防火窓が発売されてい…

1300万円減額の謎を紐解いてみる

前回書いた通り、新しいプランの費用は1300万円の減額でした。 何が変わって1300万円もの減額になったか紐解いてみたいと思います。 まずは間取りと主な仕様です。 間取りと仕様 3階とロフトの違いはあるものの、住宅の床面積はそんなに変わりません。 少し…

新居の見積りが出ました。

お久しぶりです。 ついに出ました。 ついでにブログデザイン変えました。 早速ですが、 新居のお値段、ズバリ 5800万円(税込)也 たけぇ・・・ しかもね、これに設計費500万円ぐらい乗ってくるんだよね。 照明やら家電やら家具も必要だよね。 けどね、…

ガレージシャッターの見積もり

住宅設備って実売価格がよく分からないですよね。 個人ブログでも(相対的に)安い、高いとしか書いてないことが多くて、予算的に選択肢に入れて良いかどうかも分からないです。 HMだと詳細な見積もりが出ないらしいですが、私は建築士設計、工務店施工で詳…

現在の状況 2020年 3月

今月の打ち合わせが終えました。 実は先月も1回あったんですけど、アメリカにいてバタバタだったのでブログの更新はしませんでした。 前回と今回で構造を確定させたので構造計算に入ります。 計算結果を反映させて見積もりの流れなので、見積もりが出てくる…

現在の状況 2019年 11月

今月の打ち合わせは1回でした。 私の思い付きからビルトインガレージ付きの3階建て住宅を平屋建ての車庫+2階建ての住宅に大幅変更としたので新プランの提案が目的です。 新しいプランの前に建築士さんから3階建て時の工務店見積もりが出てきました。 総…

防火地域の建築制限の抜け道

前回の続き 防火地域の例外を活用し、インナーガレージを附属建築物(離れ)にすることで、制限いっぱいの延床面積100㎡を全て住居スペースに使用し、ガレージの屋上をバルコニーとして活用する計画を立てました。 はじめに 今回の記事の内容は 敷地は防火地…

防火地域での延床面積削減術

はじめに 我が家の建築予定地は防火地域です。 防火地域にはその他の地域よりも規制が厳しく、建てられる建物が制限されます。 耐火建築物は仕様上高価格になりがちで、できれば避けたいところです。 どこかは忘れましたが、大手のHMの営業マンに 準耐火建築…

地盤改良の見積りが出ました

運命を分ける地盤改良の見積りが出ました。 この見積り次第でRC造+木造の混構造にするか木造にするかが決まります。 早速ですが、混構造の場合は 地盤改良費+地盤調査費(ボーリング試験)=334万円+48万円=382万円の見積り結果でした。 500万円を超える…

現在の状況 2019年 4月

今月もいつも通り2回の打ち合わせが終わりました。 家の設計が始まって半年になります。 今は決めた仕様を確認している段階ですね。 今月やったことは ①木造からRC造+木造の混構造への変更②予算アップ③仕様ダウン+減築④1階間取の変更⑤低炭素住宅への変更…

新居にかかる消費税を考え直す

前回までのあらすじ 一度は消費税8%で建設工事請負契約を結んだものの、予算が大幅に増えたり低炭素住宅にしたりで住宅ローン減税の恩恵も大きくなりました。 より住宅ローン減税の恩恵を受けられる消費税10%で建てた方が良い可能性が出てきましたので再検…

新居にかかる消費税を考え直す 前に

前回までのあらすじ 一度は消費税8%で建設工事請負契約を結んだものの、予算が大幅に増えたり低炭素住宅にしたりで住宅ローン減税の恩恵も大きくなりました。 より住宅ローン減税の恩恵を受けられる消費税10%で建てた方が良い可能性が出てきましたので再検…

低炭素住宅の検討

当初の計画では4100万円のローンとする予定でした。 しかし、なんやかんやあって5200万円のローンとなりそうです。 ここで気になるのが住宅ローン減税です。 住宅ローン減税は住宅ローン残債の1%が返ってきますが、通常の家ですと40万円つまり4000万円分が…

予算オーバーに対する回答

建築士さんから かなりの予算オーバーになる と告げられた我々は、「何を切るか」の会議を行いました。 時刻は子どもらが寝静まってからの21時。 場所は開いていたという理由で入った近所のイタ飯屋(死語)。 中に入り、周りを見渡すと寝間着スタイルは我…

住宅ローンをもう1回考えてみた結果

前回計算した予算(地盤改良費込みで6700万円)を建築士さんに伝えました。 すると 「まだ足りないかもしんない」 とのお返事。 根拠としては 耐火木造坪85万円、RC造坪120万円で計算すると、 解体費、地盤改良費抜きで7950万円になるから。 ただ、坪85万…

住宅ローン もう1回考えてみる

私どもの無茶な要望(混構造、ガレージ拡大)を受けて建築士さんからの回答は ・3月中の竣工は無理かも(法改正のタイミング次第だけど) ・当初の予算内には収まんないから限界の予算教えて(限界超えてたら検討してもしゃーない) とのこと。 ということ…

延焼ラインを理解したら減額になった話

最近、法改正だとか構造計算NGだとか内容も難しいし先行きが見えない事案ばかりですが、私もちゃんと勉強し必死に食らいついています。 今回、私がする話は延焼ラインについてです。 あー知ってる。知ってる。1階3m、2階5mでしょ? って方もいるでしょ…

【朗報?】構造計算NGからの緊急会議の結果

先日の一件により、建築士さんと緊急会議を行いました。 会議は費用や壁の増加や、窓を減らすなどのマイナスのことばかり言われることを覚悟していましたが、舞い込んできたのは (?)でした。 朗報の内容は ある条件を飲むと 在来工法の木造のままで 費用…

住宅ローン もう少し考えてみる

前回のシュミレーションのパターン②の私は今回の増税により損になりそうなので増税前に建てる計画で進んでいます。(2019年3月中に建築請負契約or9月中に引渡し) お国の力 少しでもお得にするためには金融機関の選定はもちろん、行政の力をフルに使うことを…

住宅ローン減税3年延長の方針 シュミレーションしてみました

昨日、住宅ローン減税の延期のニュースが出ましたね。 知らない方は下記参照(産経新聞から抜粋) 政府・与党は消費税10%引き上げの景気対策として、住宅ローン減税の適用期間を現行の10年から3年延長し、13年間とする方向で調整に入った。(中略)延…