ゆとり技術者と建築家で建てる都市型住宅

ゆとり技術者と建築家で建てる都市型住宅

ゆとり技術者が大阪市内の防火地域で家を建てるまでの奮闘記

絵を買う

前回のTOTO訪問でセカセカしていたのは新居に飾る絵を買うため。

 

妻が一目惚れした絵がセール中との噂を聞きつけ、

これ好機と駆け付けました。

休日だと子どもと一緒になるので平日に行きたかったんですよね。

インテリアショップに3歳男児×2人はカオスです。

休日だと他のお客さんもいるし。

 

買ったのは1.7m×1.0mの絵を2枚。

f:id:YutoriPaPa:20200715093752p:plain

めっちゃでかいです。

我々のリビングはこの絵ありきで設計されているので、

内覧会までのお楽しみとしてください。

 

お値段は15万円と我々庶民にはなかなかです。

引渡しまで時間があるので、欧州からの取り寄せになります。

 

このブログを見ている方は気付いていると思いますが、

新居の計画はほぼ私(夫)と建築士さんで行われています。

なので妻の希望は最大限尊重するようにしています。

空間づくりは妻が置きたいものに合わせて私と建築士さんで考える感じです。

 

お店の方からはおススメのスポットライトを当てる位置も教えて頂きました。

照明位置でだいぶ印象が変わるそうです。

早速、照明計画に反映せねば。

 

 

余談ですが、久々の夫婦水入らずだったので寿司を食べに行きました。

前回書いた通り、私は絶賛糖質カットダイエット中なので2ヶ月ぶりの米です。

せっかくなので、気にせず腹いっぱい食べると、、、

 

家に帰るや否や、

猛烈な睡魔に襲われて動けなくなりました。

 

恐るべし糖質。

  

 

ここまで付き合って頂きありがとうございます。 

建築設計事務所で建てる素敵なお宅が気になる方は
こちらへどうぞ。