ゆとり技術者と建築家で建てる都市型住宅

Atrium House

ゆとり技術者と建築家で建てる都市型住宅

我が家の土地情報

今回は我が家の土地について書きます。

 

我が家の土地は私の祖父が1950年頃購入したそうで今は私の父が所有者です。

当時の土地の値段は30万円でした。

大卒公務員の初任給が5~7千円程度だったらしいので、現在で言うと900~1300万円程度でしょうか。

 

場所は大阪市内で大阪の中心である梅田にも難波にも5km以内、電車1本で行ける便利な住宅地です。

最近は便利で(大阪の割には)治安が良いことが人気を呼び、地価もたった1年で10%も上がっています。

 

そんな場所に間口8m弱、奥行13m弱の長方形の整形地で約30坪あります。

現在の地価は坪200万円程度なので6000万円ぐらいの価値があるみたいです。

約70年で実質5~6倍の価値になってます。

 

ちなみに徒歩2分のところにある実家はバブル期に買ったので、坪300万円超えだったみたいです。

タイミングって重要ですね。

妻の実家も徒歩5分のところにあるので、お互いにとって都合が良いです。

 

周りはこんな感じです。赤い所が我が家の土地です。

f:id:YutoriPaPa:20181005150654j:plain

特筆すべきはやはり東側の前面道路です。

こいつのおかげで防火地域になっています。

しかもこの道路は主要な場所を結んでいないので、大きいだけで交通量は少ないです。

周りも住宅ばっかりなので防火地域じゃなくてええやんって感じです。

緑地にはイチョウの木が植えてあり秋はとても綺麗です。

 

そして南隣にマンションです。

マンションは側道に沿って斜めに向いているので、少しだけ南側が開いています。

さらにマンションの北東側の角はエントランスになっていて1階分の高さしかありませんので、我が家の2階以上の南東部は日光が入ります。

また、こちら側には窓や通路がないのでプライバシーは守られています。

 

マンション以外の周囲の家はどこも同じぐらい古いので、今後どうなるかは分かりません。

西側の平屋が駐車場にでもなってくれれば、公園が見えるし風が通って気持ち良いんでしょうけどね。

この辺りは外壁の後退距離が全くないことも多く、民法の50cmは守る必要はなさそうです。

 

 

ここまで駄文に付き合って頂きありがとうございました。 

こちらから様々な建築設計事務所の素敵なお宅が見られます。